実はレンタルサーバ引っ越ししてました

raspberry piを弄るようになってから、少しだけlinuxが身近になった私。最初にraspberry piにインストールしたのはraspbianというDebian系のOS。
もっさり感はCPUの性能がアレだからと諦めていたのだが、Arch linuxは早いぞとグーグル様からご神託。
raspberry piはArch linux載せたのだが、使いたい mongodbがうまくコンパイルできない。いや、コンパイルは長時間かかって出来るのだが、mongoimportで全く原因不明のエラーが出る。
仕方がないので、Debian入れたり、Cent入れたり遊んでいた自作PCにArch linux入れてmongodb動かしたらあっさり動くじゃないか。でも、自作PCは速いグラフィックカード積んでるから24時間休みなしで稼働したら電気代がorz.

そこで、ふと広告が目に止まった。940円/月でroot権限付きのVPSレンタルサーバ。今まで契約していたレンタルサーバはroot権限ないから、Node.js入れたいと思ってもままならない。
でも、rootどころかOSも自由に入れられて、今のレンタルサーバよりちょっとランニングコストが安いとなれば、移動しない手はなかろう。
そこで、
さようならxserver。どうぞよろしく、お名前.com VPS(KVM)。xserverはメール設定変更しなきゃならない義父のアカウントを残して、全て引越し完了。
事の顛末はまた次回。