OpenCVを使う

仕事で画像処理を行うこととなり、画像処理ライブラリをインストールするための備忘録。ライブラリはOpenCVを使う。

まずffmpegをダウンロード。ダウンロードしたディレクトリにcdしてターミナルから
./configure
make
make install

次にOpenCVのmakeの際に、cmakeが必要なので、cmakeをインストール。

http://www.cmake.org/cmake/resources/software.html

からcmake-2.8.9-Darwin64-universal.dmgをダウンロードし、インストール。

最後にOpenCVをダウンロード。解凍し、開発用ディレクトリに移してから、releaseディレクトリを作り、cmakeを起動、Browse SourceでOpenCVディレクトリを指定、Browse Buildにはreleaseディレクトリを指定。

ConfigureボタンでXcodeを指定、コンパイラはUse default native…

Generateボタンクリック。エラーなしで終わったら、OpenCV/releaseディレクトリに移動。
xcodeプロジェクトを起動。
32/64bit環境で使いたいので、 ArchitecturesはStandard(32/64-bit intel)、Valid Architecturesはi386,x86_64でbuild。OpenCV/release/libディレクトリにライブラリが出来るので、使いたいプロジェクトTARGETSを選択、Link Binary With Librariesに該当ライブラリをDrag&Drop。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です