zabbixを稼働させるために mariadbの準備

zabbix-server-mysqlがインストール完了していること。
mariadbはwordpressを動かすために必要なので入っているはず。入っていなければインストールし、mysql_secure_installationも実行。その後、zabbixというデータベースを作製し、zabbix@localhost ユーザを作製。パスワードをセット。

mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 13
Server version: 5.5.34-MariaDB-log MariaDB Server
...
MariaDB [(none)]> create database zabbix;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'hogehogepasswd';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> exit
Bye

データベースへの初期データのインポートをする必要がある。zabbixのバージョン1.8のマニュアルとは異なったディレクトリにあるので注意。zabbixの最新版をwebサイトからwgetしてきて、カレントユーザのディレクトリにて解凍。
database->mysqlのディレクトリに初期化用のスキーマと初期データをインポートする。

wget  http://prdownloads.sourceforge.net/zabbix/zabbix-2.2.0.tar.gz
tar xzvf zabbix*
cd zabbix-2.2.0


mysql -uzabbix -p zabbix < ./database/mysql/schema.sql
Enter password: ←データベースユーザーzabbixのパスワードを入力
mysql -uzabbix -p zabbix < ./database/mysql/images.sql
Enter password: ←データベースユーザーzabbixのパスワードを入力
mysql -uzabbix -p zabbix < ./database/mysql/data.sql
Enter password: ←データベースユーザーzabbixのパスワードを入力

zabbix_server.confにセットしたデータベースのデータベース名、ユーザ名、パスワードなどを設定する。

sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost:localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=hogehogepasswd

nginx,php-fpmをインストールしたら,
/etc/nginx/conf.d/zabbix.confを適宜編集。
/etc/nginx/nginx.confでinclude忘れずに。
/etc/php/php.ini でopen_basedir の設定を忘れずに。

sudo systemctl start nginx
sudo systemctl start php-fpm

動かなかったら、sudo systemctl status <動かないデーモンのプロセス名> -l でエラーログのチェック。

zabbixをインストールする

サーバの監視用ツールとしてzabbixをインストールするテスト。

sudo pacman -S base-devel

fakeroot strip libなど開発ツールをまとめてインストールすれば入る。Archlinux用のパッケージは公式サイトに準備されていないので、AURからインストールすることになる。
まずはAURの環境を整える。
https://wiki.archlinux.org/index.php/Yaourt_(日本語)
/etc/pacman.confに以下の行を追加してarchlinuxfr リポジトリを有効にする。

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

追加して保存したら、以下を実行。

sudo pacman --sync --refresh yaourt

yaourt iksemel
yaourt zabbix-server-mysql
sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
sudo vim /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

Log fileの保存場所に書き込み権限がないと怒られるので、適宜 /var/log/zabbix/zabbix-server.logなどにパスを修正

sudo systemctl enable zabbix-server.service
sudo systemctl enable zabbix-agentd.service

でデーモンを有効にする。

sudo systemctl status zabbix-server -l
sudo systemctl status zabbix-agentd -l

でサーバとagentはlistenerが3プロセスぐらい起動していればzabbixのサービスは立ち上がっているはず。
デフォルトではapacheが必要だが、webサーバとしてはnginxを使用しているのでそのへんの調整がまだ必要。