Raspberry piの最適化

swap fileの使用停止

# /etc/init.d/dphys-swapfile stop

GUI系のデーモンを削除

# apt-get remove --purge consolekit dbus

使用しないデーモンの自動起動をOff

# chkconfig triggerhappy off
# chkconfig alsa-utils off
# chkconfig lightdm off
# chkconfig motd off
# chkconfig plymouth off
# chkconfig ntp off

ntpdateパッケージをインストールし一時間ごとに時刻合わせを行うようにcronを設定

# aptitude install ntpdate
root@pi:/home/pi# crontab -e

# 1時間ごと(毎時0分)に、時刻合わせを行う


0 * * * * /etc/network/if-up.d/ntpdate > /dev/null 2>&1

raspberry pi に node.js ver0.8.20をインストール

sudo apt-get install nodejs

とやるとver0.6系が入るのでexpressが使えない。そこで、
http://www.e-ark.jp/2013/02/20/rails-on-raspberry-pi/
を参考にソースからビルド。

$ sudo apt-get install libssl-dev
$ wget http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.tar.gz
$ tar xvf node-v0.8.20.tar.gz
$ cd node-v0.8.20
$ pico deps/v8/SConstruct

以下を編集。
‘gcc’: {
‘all’: {
‘CCFLAGS’: [‘$DIALECTFLAGS’, ‘$WARNINGFLAGS’, ‘-march=armv6’],
‘CXXFLAGS’: [‘-fno-rtti’, ‘-fno-exceptions’, ‘-march=armv6’],
},
のように-march=armv6を追加。

$ export CCFLAGS=’-march=armv6′
$ export CXXFLAGS=’-march=armv6′
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

えらく時間が掛かるが(3時間弱?)、buildに成功したら
バージョンの確認

$ node -v
0.8.20
$ npm -v
1.2.11

npmもインストールされる。
最後にExpressも入れとこう。

sudo npm install -g express